常識もご紹介したと思いますが

浮気調査で肝要なのは、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。

浮気の痕跡が確かでない場合は改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。

不倫相手の存在が確かになれば次に、浮気相手の素性を入手する必要があります。

お出かけ先からパートナーの行動を調査したり、あるいは張り込んだり等、パートナーと不実を働いている相手を確認するのです。

不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまでになることもあります。

離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、額は低くなるのです。

さらに、不倫相手が浮気を認めない際は必要なのは証拠です。第三者からみてもはっきりとした不倫の証拠が必要です。

夫が浮気しているところを奥様がつかまえて修羅場と化すシーンは、ドラマ・芝居で目にすることも多いです。

配偶者の浮気現場に乗り込むのが男の場合は、殺人にまで到ってしまうストーリーもよく使われます。

配偶者の浮気の現場に自ら乗り込むのも選択肢の一つです。離婚になってもいいと思う場合は、実行する余地はあるかもしれません。

料金について成功報酬制を採用している探偵事務所は、調査に成功した場合でないと調査料金が発生しないという不安要素があるため、成功した場合はそれなりに高額の料金を請求されます。

そのようなこともありますので、成功報酬だからということで、浮気調査費を安く抑えられるわけではないのです。

調査能力がどこまであるのかなどもよく確認して、はっきりとした料金システムの探偵事務所に依頼することが重要なのです。

わけもわからず自分で動き回るよりは、浮気調査は探偵に頼みましょう。

探偵にお願いすると、浮気の証拠をちゃんとつかんでくれます。自分が浮気の証拠をつかもうと調べてみても、配偶者が浮気をしているという事実はすぐに出てきます。

しかし、相手を責めたてても浮気の事実はないと逃げられたら、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。

そのためには、絶対確実な証拠が必要です。法律の上で、結婚した人が婚姻関係にない人と自分から男女の関係になることを不倫といいます。

つまり、法律的にいうと、男女関係に発展していなかったら食事をしたりカラオケに行く程度なら、浮気とはいえないということになります。

個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、探偵や興信所に内偵してもらうこともできます。

カテゴリー: 未分類 | 常識もご紹介したと思いますが はコメントを受け付けていません。